『いちこくみん』

2018年09月

【日付】2018年9月23日(日)
【時間】14:00〜15:00
【場所】新宿駅 西口 小田急百貨店前


★アクセスはこちらから

本日9/23の街頭スピーチは晴天のため
予定通り行います。よろしくお願いいたします。


FullSizeRender




押忍!!


いちこくみんの「すず」です。
先日池袋や、新宿の他の団体のみなさまの街宣活動にお邪魔させていただきました。


IMG-1443
in Ikebukuro

IMG-1431
in Shinjuku



先月行った「いちこくみん」主催の街宣活動からもう少しで1ヶ月が経とうとしています。

あれからいろいろなことを企画しており、どうしたら若年層にわかりやすく伝えられるかなぁ〜って試行錯誤中の日々です。以前の自分自身が政治に関して顔を背けていたので、そんな自分に話しかけるような感じで考えています。。







タイトルにある9/23(日)は、前回よりは時間も短く、いたってシンプルな街宣活動です。


すずが、街宣活動を行うにあたり、たくさんのアドバイス、そしてお手本を示してくださっている先輩の団体のみなさまに来ていただき、一緒に「人と政治は無関係ではいられない現状」を伝えていきたいと考えております。


「わかりやすく、楽しく」を大切に考えている「いちこくみん」。


私が主催する街宣活動では「〇〇党反対!」や「〇〇議員の追放!!」など批判的な発言はめったに行うことはありません。

その理由は「批判以前の問題に着目」しているからです。

簡単にいえば「無関心の問題に着目」しています。






無知なら知識を与えるだけですみます。

けれど、無関心となるとまず興味を抱いてもらうしか、認知されることはほぼ不可能です。


人は自分が経験したことには「感情移入」できると考えています。

なので、さまざまな問題をとりあげ、ご自身の悩みがいかに政治と関係しているのか、また、「政治は同じ人間によって作られていること」そして「庶民の苦しみを納得できる人に政治を変えていただかなれば、庶民の苦しみが消えない」「想像よりもアナログな世界なんだ」ということを伝えていきたいと考えております。








これまでの政党が 築き上げてきた「政治無関心ウィルス」を消すためには、時間がかかります。
この無関心ウィルスを生み出し、政治家は政治を我がものにできているのです。


政治無関心な人が悪いのではない!
そうさせた社会に責任がある


打倒「政治無関心ウィルス」

やるしかない。



最後に!!!


この「政治無関心ウィルス」を撃退するために9/23にも宣伝いたしますが、日付は未定で新宿駅前で路上ライブを企てております。

関連リンクは、こちらからご覧いただけます。

企画【Need your dream】

それでは、長々とご覧いただきありがとうございます!!


Anyway , believe in ourselves !!


Top page




8月26日の街頭スピーチの際は、多くのみなさんに多大なるご協力をいただきありがとうございます。
当日の活動の様子はこちら(活動報告)に掲載しております。

現在、次の街頭スピーチ、および新たな活動へ向けて思案中です。


さて、安倍総理の3選がほぼ確実と言われている「自民党総裁選挙」。

あろうことか、安倍総理大臣は、もう一人の候補者、石破茂氏が提案している
「公開討論」を行わないつもりです。

安倍総理は
限られた人にしか投票権がない。
一般人に届くような討論会をしても仕方ない」

と仰っています。

一般人に届かないような討論会をしても仕方ない
の見間違いかと思う人も多いかと思いますが、決して見間違いではありません。

本当に
「一般人に届くような討論会をしても仕方ない」
と言っているのです。

いかに自民党員と自民党国会議員による自民党の総裁を選ぶ選挙であっても
これは、実質、日本の総理大臣を選ぶ選挙です。

なのに
「一般人に届くような討論会をしても仕方ない」
とは絶句・・・

巨大与党の総裁候補、実質日本の総理大臣になる人が
どのような政策や理念を持っているのか、我々には知る権利があります。

政治家は言葉が命。
その言葉をないがしろにするような人にこの国を任せることは出来ません。

しかし、そのような人が日本の総理大臣を続けることが
ほぼ確実だと言われているのです。

今月には沖縄県知事選、
来年には統一地方選、参議院選挙と大変重要な選挙が続きます。
※今月の選挙

独裁国家を防ぐために、私たちに残された時間は、大変少ないのです!
もう既に独裁国家になっていると言っても過言ではありません!

時間が無い!

だけど決してあきらめない!


トップページへ戻る

このページのトップヘ